2013年 05月 02日
Valborg ヴァルボリ
d0241813_3311232.jpg
4月30日は春を祝うお祭りです。

ヴァルプルギスの夜
d0241813_13254797.gif


由来は、魔女の夜会がどうの・・・というものらしいのですが
そんなのみじんにも感じないほど、

焚き火を見て、春の歌を聴いて・・・
これで、春だ~という感じの行事です。

スウェーデン人って、習慣とか前例とか、伝統とか重んじる国民で
なんか、冒険できない慎重なタイプだなと思うのです。

季節の行事を大切にして、行事=食事、酒!と楽しむのもうまい。

そうかと思えば、
こういう行事の由来を知っている人って少なくて
外国人の方が(調べるのでね)よく知っているくらい。
調べると、いろんな説があって、結構混乱するのだけど。

行事に対する姿勢を見ても
ほとんど宗教的な意味は習慣はなく
季節の行事として捉えている人がとっても多いです。

他の国ではキリスト教の習慣だったのが
スウェーデンに入ってきたときには、宗教的意味あいはなくなったり・・・
このヴァルボリも12月のルシア祭もそんな感じです。

だから、どうして焚き火をするのか?とかスウェーデン人に聞いても
答えは返ってきません。

どうしてするのかわからないのに、伝統を守る・・・
そんなゆるいスウェーデン人、好きです。

d0241813_4121391.gif


姑を送り届けたパパが先ほど、帰ってきました。
今年初!のBBQをして、姑を呼び、一緒に食事しました。

おいしい!おいしい!
おかわりして、たくさん食べていました。

姑が「おいしい」というのは本当に2年ぶりじゃないかな。
パパと2人きりになったときに、伝えると

ええ?そうか?いつもおいしいっていわんか~って返事。

あのねぇ。口をつける前から、
残念だわ~。今度、これを注文したいわ。
味がわからないのよ。が口癖。

たしかに、抗がん剤の影響で味がしないのは
わかるんだけど。

義兄もせっかく作った料理を前に
今度また作って~と言われると、じゃぁ作らん方がよかったのか!って
イラっとしています。

久しぶりの息子の家。
ふらふら~と歩き回り、あちこちチェックしてました。これが趣味。

鉢植えを見て、これって蘭?と質問したり。
これ、買ったの?って聞いたり。

3年も前からあるものだったり。
姑からもらったものだったり。

記憶があやしいのか、聞いても覚えるつもりがなく
ただ会話したいだけなのか。

ヘルパーさんの文句たらたらで
こちらも聞くのだけど、でもやっぱり助けてもらうしかないでしょう。

結局はそこに落ち着きます。

手が震えて、力が弱く、物をもったり、ふたをあけたりができない姑ですが
明日、車で買い物に行くという!

危ないよ!と必死で説得しましたが・・・
どうかな。かなり頑固なのでね。

元気になったら、目が離せなくなりました。


お手数ですが
読んだよ♪のクリックお願いします♪


にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ

にほんブログ村


朝時間.jp にて
北欧・スウェーデンからGod Dagen!
スウェーデンの朝の風景をお届けしています。

[PR]

by MakiMakiMacci | 2013-05-02 04:32 | スウェーデン


<< ヴァルボリ2。      元気だして~。 >>